キー入力のカスタマイズ
今回使ったアプリは、
W-ZERO3 UtilityPlus
これ。
違うハードウェア用のユーティリティソフトだけど、だいたい同じようなもんやからいけるでしょうってことで導入。

まず、CtrlやShiftキーと任意のキーで、キーボード上に無いキー入力をエミュレートする設定。
ショートカットキー
Ctrl+←:Home
Ctrl+→:End
Ctrl+↑:Pageup
Ctrl+↓:Pagedown
Ctrl+Enter:Esc
Ctrl+Space:Windows
こんだけ設定してみた。
最後のWindowsキーだけ動いてくれないけど、他はすこぶる快適。

さらに、文字キー変わる入力方法をカスタマイズ。
ATOKデフォルトでは、
全角かな→全角カナ→半角カナ→全角英数→半角英数→全角かな
というあり得なく不便で使いにくい入力順序になってる。
しかもRealWVGAにしてからというもの、画面に今の入力モードが表示されないもんだから、発狂寸前のウザさ。
これを、自分の好きな順序にカスタマイズ出来る超すぐれもの。
メニュー
↑メニューからATOKパッチを選んで
ATOKパッチ
↑文字キーを変換キーに置き換えるにチェックして、文字キー動作の設定ボタンを押す
入力モード変更
↑半角英数と全角かなの繰り返しにしてしまう。
明らかにこれだけで充分。


データベースに接続できませんでした。

アンケート

このページの内容はいかがでしたか?
片手間にポチっと送信してやってください。
役に立った 0
おもしろかった 0
ふつー 0
つまらなかった 0
欲しい情報と違った 0
Score:0