DynaBook SS 3410
大学入学時に買わされたB5のノートパソコン。
image
純正スペックはCeleron400MHzにメモリ64MB、Windows98SE。
それじゃあんまりなので、現在メモリ128MBにして、Windows2000 Professional。
ずっと使ってなかったんだけど、よくよく考えるとこいつはベッドに入ってからWEB閲覧等々にちょうど良いマシンなんじゃないかと思い立って、永い眠りから復活させた。
image
このようにして使う。
ちなみに、下に敷いてるのはペットを冷やす用のアルミのすのこ。コーナンで1000円ぐらいで買った。
布団の上に直接置いたら熱がこもるから。

無音化計画
こいつをベッドに最適の快適仕様にする。
無音化といっても、クリアランス的に大きなヒートシンクを付けたりは出来ないのでファンレスには出来ない。
しかし幸いなことにファンはCPU温度が上がったときしか回らないので、基本的にはファンレスと考えてokかと。
ということで、CDDもFDDも内蔵されていないコイツに残された音の出る部品はHDDのみ。
こいつを無音パーツで代替する。

そこで登場、CF-IDE変換。
今回は2.5インチ用のIDEに変換してくれて、しかもCF2枚載せれて、しかも2.5インチHDDと同じサイズという素敵アイテム、PA-CF25という奴を使用。

作業
image
裏返して、赤丸の6本のネジを外す。
プラスドライバは、1番のものを使う。

image
ネジを外したら表向けて、カバーを外す。
赤丸のとこが繋がってるから勢いよく外さないように、ペタンと上にひっくり返るまでは開く。

image
ちょと暗いけど、上の赤丸の拡大。ツメを奥に押してやるとフラットケーブルが抜ける。

image
さらにHDDの上にある邪魔なフラットケーブル2本は、シールを引っぺがして、ケーブルの先にあるものを引っこ抜いて向こうにぶらんとしておく。
いちいちケーブルを抜く必要は無し。

image
HDDは右に引っ張ると抜ける。銀色のケースに入ってる。

image
ここで登場、例の変換ボード。と、2GBのCFが2枚。

image
CFを差してひっくり返すと、HDDと同じ大きさ。

image
但しかなり薄いので、変な曲げの力がかからないように、

image
ゴムを両面テープで

image
貼る。

image
元の場所に戻して、インストール完了。

あとは通常のHDDと同じように使えるので、OSを入れれば使えるはず。


ところが
image
未使用の領域 1391436MB
・・・?
1.4TBのコンパクトフラッシュを手に入れた。
ではなくて。
おかしいのです。
OSのインストールも結構大変。
でもそれはまた別のお話。
たぶん良いCFを買うとこんな苦労はしないはず。


2007.09.10追記

CFの高級・安物の問題では無かったみたい。
Windows2000 Professional SP2のインストールCDだと、CFのサイズがおかしくなってフォーマットすらできず、OSをインストールできなかった。
けど、SP4パッチを当ててCDを焼きなおしてインストールしたらすんなり問題なくインストール完了。
NTFSでフォーマットも出来た。

詳細は、後日別項で。


データベースに接続できませんでした。

アンケート

このページの内容はいかがでしたか?
片手間にポチっと送信してやってください。
役に立った 0
おもしろかった 0
ふつー 0
つまらなかった 0
欲しい情報と違った 0
Score:0